腰痛に湿布/その腰痛には温湿布?冷湿布?

腰痛がある場合に誰もが思いつくのが
湿布ではないでしょうか?


しかし
湿布でも温湿布と冷湿布があるのですが
どちらを貼っていいのか知っていますか?


適当に湿布を貼っておけばいいというものでは
ありません。間違った使い方をすると、症状の悪化を招くので
注意が必要です。

その腰痛の症状に合わせて湿布を
選ぶ事が大事です。



====
冷湿布は急性の痛みの場合に使います。
====
ぎっくり腰や捻挫など、炎症を起こしていて
痛みがある場合や腫れがある場合に使います。

冷たさを出すために、メントールやカンフル、
ハッカ油などが使われていて、皮膚の温度を
下げる作用もあります。

という事で急性の腰痛には冷湿布を使います。


====
温湿布は肩こりや神経痛、腰痛などの慢性的な
====
痛みには、温湿布を使います。

温湿布は主に血行の改善を目的としていています。


湿布自体が高温になるものやカプサイシンを含み、
その成分が浸透することによって血管拡張を促進させる
ものなどがあります。


お風呂など温めると軽減されるような腰痛は
慢性の腰痛の可能性がありますので温湿布を使います。


しかし
慢性的な腰痛で暖めても改善されないず
痛みが増すようであれば等の場合は病院で
受診しましょう。
=======================
※お知らせ

腰の痛みには人それぞれの原因となる
場所があります。

そして病院・整体院・整骨院に通っても
一向に改善されない方が多くおられます。

しかし
それぞれの医院の先生も知らない
新しい腰痛治療があります。

全く広まっていない治療ですが
驚きの効果で腰痛患者さんが痛みから
解放されているのです。

極端な話、全く自分で動けなかった方が
普通の人と変わらない状態になっています。


しかも自宅で誰にでも出来る事なんです。
通院も薬も必要なくなる簡単な治療法です。


詳しくはTOPページに記載しています。

=======================

posted by 腰の痛み at 11:40 | 腰痛時の湿布には | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。