ぎっくり腰の治療として

ぎっくり腰の治療についてお話します。

ぎっくり腰はいきなりおこります。

動作の瞬間に腰に激痛が走り、動くことが
困難な場合や発熱、発汗(冷汗)がある

このような場合などは、早めに整形外科の
診療をうけましょう。

ぎっくり腰の治療として
以下の事が多くおこなわれます。筋・骨格系に関わる痛みの場合では
2〜3日もすると自然と症状が和らぐ事があります。


ぎっくり腰 になってしまったら、2日間くらいは、
なるべく安静に過ごすといのが代表です。

簡単ストレッチ体操を紹介します。


その他
寝る姿勢は、横向きで膝の間に枕をはさんだり、
仰向けで膝を立てたり、といった具合に
なるべく楽な体勢になる事です。


痛めて2〜3日は、痛めた部位を冷やすといいです。

間違っても温めない事です。


安静がもっとも重要な治療ですが
どうしても動かなくてはならない時は

腰痛ベルトやさらしを巻いて、腰部を安定させると
比較的に楽に動けます。


中々改善されない場合には
急性腰痛症を扱っている鍼灸やカイロプラクティック
などで受診する場合が多いようです。
=======================
※お知らせ

腰の痛みには人それぞれの原因となる
場所があります。

そして病院・整体院・整骨院に通っても
一向に改善されない方が多くおられます。

しかし
それぞれの医院の先生も知らない
新しい腰痛治療があります。

全く広まっていない治療ですが
驚きの効果で腰痛患者さんが痛みから
解放されているのです。

極端な話、全く自分で動けなかった方が
普通の人と変わらない状態になっています。


しかも自宅で誰にでも出来る事なんです。
通院も薬も必要なくなる簡単な治療法です。


詳しくはTOPページに記載しています。

=======================

posted by 腰の痛み at 13:20 | ぎっくり腰の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。